わたくし、株式投資ってだあいすき!
ホーム > 出来事 > 損を少なくして、儲けを大きくする

損を少なくして、儲けを大きくする

外為ビギナーが市場の重要なところを捉えるためには、最初に注文を重ねていく事が大切です。

 

特に、直前に危機を察知できるようになるようになるには、負けをすることも経験のひとつです。

 

当然、失敗するといっても立ち上がれなくなるほど重大な失敗をする事は許されません。

 

やり直せるぐらいの失敗を数度体験することが結果的にあなたの経験値を高めてくれるはずだ。

 

それを考えると、まず最初は少額で売買を行いこれによって幾度かちょっとした損をすることを推奨します。

 

たとえば、100万円しか投資する事が出来ない状態で最初から全て投入して売り買いすると、間違えた時、その後元に戻せない怖さがあります。

 

それより、仮に資金の10%ずつ分割してエントリーして、それによって買ったり負けたりを経験した方が次第に失敗を補う方策なども身についていくはずである。

 

小さな額で取引する事の良い点は既出の通り、自分自身の経験を増やし、間違いを回避する方法を身につけることにあるが、それと合わせて、売買の回数を積み重ねて偶然性を減らせるというメリットもある。

 

例として、注文で利益を上げられる確率が50%だと考えます。

 

この場合、等しい確率で負ける可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の割合で利益が上げられる事を意味しています。

 

だが、全部の資金を賭けて1回だけの勝負をするということは、勝つか、負けるかのいずれかになります。

 

これでは1回だけの丁半バクチと同じ。

 

それは全財産を投じて1回しかエントリーしないとこの分だけ大損する率が高まってしまうのである。

 

これを回避するために、資金を全額つぎ込むのではなく、何回もに分けてチャンスを積む事がリスク分散となる。

 

そして数回に分けたとしても、全てのトレードで稼ぐ事は必須ではありません。

 

正しく言うと、全て勝つことは出来ないのが実際です。

売り買いで重要なのはどれだけ利益を上げるかです。

 

勝率5割でも勝率3割でも利益を出す事は出来ます。

7割負けても損がわずかであれば3割の勝利の利益の大きさで十分に稼げます。

それには、損を少なくして、儲けを大きくして肝に銘じる事です。

 

損したら即損失を確定して、逆に勝てる時は可能な限り大きくプラスにする事が、外国為替証拠金取引初心者がFX取引で成功する極意といえる。

ヘビーな茶飲み話