わたくし、株式投資ってだあいすき!
ホーム > 出来事 > 返済の計画

返済の計画

任意整理とは負債整理というように言われていて、各債権者に対して借金の返済を継続していくことを前もって決めた借金整理の手順のことです。

 

実際としての流れですが司法書士の資格者とか弁護士の資格を持つもの債権を持つものとあなたとの中に入って相談し合い、法律に従って利息の適用し直しを行って再度計算した借り入れた元金に対する年利を削減することで3年くらいの時間で返済を行っていく債務の整理の手順です。

 

この任意整理には各裁判所といった公的な機関が処理しないのでこれ以外の方策と比べると、利用した場合の不利益が小さくやり取りが債務者にとってほとんど重荷にならないので真っ先に検討することをお勧めするやり方となります。

 

さらに、お金の貸し手がヤミ金業者といった大変高額なの際には、利息に関する法律で決まっている金利などを超えて振り込んだ金利に関しては借入金の元金に充当すると考えて借入金の元金を減らすこともできてしまいます。

 

ということから、サラリーマン金融に類する法外な利息を取る業者に対してある程度長い期間返済しているケースだと期待以上のお金を免除できるような場合もありますし10年近く返している例では負債自体が消滅することもないとは言えません。

 

債務の整理の良い点を挙げると破産と違って特定のお金だけを整理していくことになりますので他の連帯保証人が関係している負債を除いて整理をする場合や住宅ローンの分以外だけを整理していく場合等も活用することも可能ですし財産を手放してしまう義務がないため、戸建て住宅などの自分の資産を持っているものの、処分したくない状況であっても活用可能な債務整理の方法になるでしょう。

santaka's diary

いっぽう、後々の返済金額と現実の可処分所得を比較検討して適切に返済の計画が立つようである場合は任意による整理の手続きで進めることが可能ですが、破産宣告とは異なって負債そのものが消えてしまうという意味ではありませんので、借りている合計が多い場合においては、現実問題として任意整理で方法を取るのは困難になるということになります。