わたくし、株式投資ってだあいすき!
ホーム > 出来事 > FX売買

FX売買

やっと取引する時という段階では第一に下調べを横着してはいけません。

売買を行う前であったら、起こる事を冷静に眺める事ができる余地があります。

しかし、一回市場の内側に踏み込んでしまうと見え方が独りよがりになり重要な時に適切な状況判断ができなくなる可能性があります。

 

だから己の考え方が落ち着いている段階で、しっかりと準備を進めておくことが不可欠です。

"準備"のためには、まずは自分なりのシナリオを描くことから開始します。

 

今後の市場はこうなるだろうからNZドルを勝負するというような自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

 

次に大事なのは時間足チャートをチェックする事です。

以前の相場の上下動を見て、今日の値動きを確認します。

 

そうすれば、「今はなかなか安すぎる状況だ」そうでなければ「今となってはたくさんの方々がエントリーしているからこれから大急ぎで取引しても遅いな」などと見えてきます。

 

今はもうしかけるのが遅すぎるなと感じたら、FX売買しないで、この場面では諦めることが不可欠です。

 

どうあがいても自分の台本を引き下げないで吹っ切らずに新規エントリーすると市場に押し返されてしまい、逆に損することになる危険性があります。

 

もっともかなりの場面で、用意周到に自身の物語を描いていくと、仕かけるのが遅いなという具合にはなりません。

おそらく、明確に市場が上げ下げする前のはずだから。

 

次は、まずはエントリーしようとする通貨ペアの変化をしっかり把握する事が肝心。

もし、ドル高が進むと予想するストーリー展開を考えたのであれば該当する外貨の変化に注目する事が大事です。

 

市場の動きを注目し始めたときではまだ分かりやすく上下動する気配を見せないで小さな動きをしているだけでしょう。

 

だけど、その動きをじっと注目していると、ある地点でじわじわと、ドル高へと外国為替市場が動き始めます。

 

このチャンスでようやくドル買いの新規取引します。

基本的に、そこまで用意さえしておけば、そのエントリーで勝利する割合は相当高くなるはずです。