わたくし、株式投資ってだあいすき!
ホーム > 現金化 > キャッシング枠の利用やクレジットカード現金化について

キャッシング枠の利用やクレジットカード現金化について

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠が付いていることが多いです。
現金が必要になった場合は、キャッシング枠を使ってカード会社から借金をすることができます。
これは後から利息を付けてカード会社に返還する必要があります。
このキャッシング枠は上限が少ないので、まとめて利用したり継続的に利用したりするとすぐに限度額に達します。
キャッシング枠が使えなくなってもショッピング枠に残高があれば、後からカード会社に代金を支払うという形でその場で現金を使わずに商品やサービスが購入できます。
このショッピング枠を利用することで、購入した商品を売却して現金を得ることができます。
これをクレジットカード現金化といいますが、自分で商品の売買を行う方法と業者に依頼する方法があります。
ショッピング枠を使って自分で商品を売買する場合は、カード利用停止になるリスクが高くなります。
ショッピング枠で購入した商品はカード会社に代金を払い終えるまで所有権がカード会社にあるので、代金が未払いの間は勝手に転売することができません。
友人から借りている本やゲームソフトを、友人の許可なく売ってはいけないのと同じことになります。
ゲーム機や商品券などをショッピング枠で一度にたくさん購入すると、カード会社から転売と疑われるようなシステムができています。
確実にクレジットカード現金化を遂行させるためには、業者に依頼した方が確実です。
業者のホームページ等で情報を収集することで、自分に合った業者を選ぶことができます。

業者選びに最適なサイト:口コミで人気のビックギフト